東京スピコン!(後編)

トラックバック0

大変お待たせしました!

後編を書かなくては・・・と思いつつ早2週間!?


自分の中は整理できたのに・・・

何で書けないのかな~?って思っていたら・・

忘れてました(泣)


スピコンに持って行った荷物をすっかりそのままで

解体するの忘れてたんです!


そりゃ~物理的にも完結してないのに、完結出来る訳ありませんです(泣)


そんなこんなで・・・

後編に入ってみたいと思います



一人目のお客様が終わり

ほっとしつつ、一人反省会を開きさっきの自分を第三者的に見てどうだったか?

良かった所・改善点をノートに書きとめ

ちょっとマッタリ休憩


目の前を歩いて行く人達を見ていると

ふと思い出す、前回のスピコンで周りを観察をしていた時に思った事

「みんなは、何を求めて来てるんだろ?」

「何か、凄いものを求めてるのかな?」

「自分じゃないものを求めている人もいるんだろうな」

「ホントの自分を求めて来ている人もいるのかな?」


目の前を歩いて行く人達の流れを、目で追って行くと

やっぱり思う

「ここに来ている求めているものは、何だろうか?」と


なんだか人の流れが、川の流れの様に見えてくる

何とも言えない不思議な気分になっていましたが・・

気を取り直し

またしばらくチラシを配りだす


1時間位そうしていたと思います

周りのブースには、人が立ち寄るのに私のブースは、ちょっと立ち寄る程度

切なくなってきて、哀しくなって来て・・・

「自分らしくここにいる事」を忘れ、ただラブアクセサリーを買ってもらおうとか

ただワーク来て貰らおうとか・・結果を追いかけている自分になっていた


今回は、ラブアクセサリーをただ売るのではなく

まつげちゃんにお話してもらった(ホント参考になりました!ありがとうございました!)

女流陶芸家の方の様に

「ホントに欲しい人や、ホントに必要な人の所に嫁に出す」様な気持ちで臨んでいたのに・・


そんな自分じゃダメじゃないけど・・・「在るがままの自分」じゃない


気付いた時には、さっきまでの興奮やハイテンションがどっかに行って凹んでいた


この気分ままズルズル時間が過ぎるのも勿体無いと思い

テーブルにつきノートを引っ張り出し周りを忘れ自分の感じた事を書いた

書きまくったら、自分の中が少し整理され落ち着き

「今出来る事をしたらそれでいい」と納得の結論が出て

「気が上がっているようだから、腹式呼吸をして落ち着こう」だとか

師匠に教わった「癒しゲームをしよう」とか

今したい事が、出てきた


したい事をしていると、ふと看板の前で立ち止まっている女性に目が行った

声を掛けたくなり、ワーク・ラブアクセサリーの説明をしたら

その人は、ラブアクセサリーに興味を持ち熱心に見てた

ラブアクセサリーの前を通る人は、必ず見て行くけど・・


こんなに熱心に見ている人は、あまりいなく

私も彼女に興味を持ち、「腕にしているブレスがとても似合いますね」と

話しかけ会話が、始まり


話している内に

私は、買う買わないは気にせず

本気で彼女に総合的に似合うアクセサリーを探し始めていた

話しながら何個かのアクセサリー薦めると

彼女は、大いに迷ったようで・・

何度も何度もアクセサリーをあてて見たり、身に付けたところを鏡で見てみたりする内に

「これ!」という物が、見つかったようで嬉しそうに立ち去って行った


私も、売れたことも嬉しかったけど

それより、自信を持って必要な人の所に嫁に出せた事が達成感でもあり喜びでした


また再び癒しゲームをしつつ、立ち止まる人に話し掛けていると・・

ワークを依頼され改善点などを意識して開始!と思った所で

力強い味方!にゃおちゃんが、お手伝いに来てくれ

少しだけあった心細さがどっかに飛んで行き

とても嬉しくなりそして、ちょっと緊張しながらワーク開始!


ワークが進んでいくにつれ緊張は、解れ心地よい緊張に変わっていった

夢中で行っていた為時間を忘れ

タイマーがなりワークが終了


お客さんが、立ち去った後に

にゃおちゃんに今のワークどうっだた?と聞いてみたり、少し説明をしたり、お話ししたりしました


にゃおちゃんは、私たちの先輩でもあり、世話役的な立場にいて

今回私のお手伝いの為だけでなく、世話役としても来ている為

出展しているカヨちゃんやのりちゃんの様子を見に出かけました


にゃおちゃんは、戻ってくると「お昼時間だから、お昼行って来なよ

一人で大丈夫だよ」と言ってくれ

ハッと時計を見ると・・もう、お昼時間でした

ナイスタイミングでカヨちゃんが、お昼のお誘いに来てくれ

一緒にランチタイムです


建物内の飲食店は、フードがオーダースットプの為

近くのコンビニで買出ししてお外でランチ♪


今日は、とっても食事が美味しく感じとっても幸せでした


ランチが終わりそれぞれのブースに戻り

気を取り直して後半戦スタートです


にゃおちゃんは、ホントにすごいなと思うのは、

「どうしたら必要な人にラブアクセサリーを買ってもらえるか?」と

必死で考えてくれて提案してくれた

ホントにありがたいと思った


そのお陰で、私はワークする事に専念出来

これから、このワークをして行くにあたり自信が付いてきた


15時位だろうか

人は、徐々に人が減ってきた


折角、暇になって来たので二人で「癒しゲーム」をする事にした

ゲームをしていて、面白い事に気が付いた

本気でなり切っていると人が少しづつ寄ってくる事だ

調子づきやすい私は、いい気になって本気で癒しゲームをしなくなると

潮が引く様に人が去って行く

また、思い出したように本気でゲームに挑むと人が寄ってくる


偶然に見えるこの現象も、ホントは偶然じゃなく私の作り出している現実だと思った

やっぱり「自分の現実は、自分が作り出しているんだな」と改めて思った


何だかんだしてあっという間に17時位になりさっきよりも更に人が減ってきました

気功仲間のK君が、遊びに来てくれました(ありがとう!嬉しかったよ!)


そんな時二人の女性が、現れ

にゃおちゃんに声を掛けると・・・

にゃおちゃんびっくり!

事情を聞いたら、一人はYさんと言う方で、昔からのお友達で

今日ここに居る事は知らせてなかった為、大変驚いていたようです

久しぶりの再会!だったようです


話が、進むにつれにゃおちゃんとYさんで話が盛り上がり

私とYさんの連れのHさんで話が盛り上がって来ました


Hさんとお話していて師匠に出会う前の私を思い出しました・・・


ただ自分らしく生きて生きたいのに、何か上手く行かず

色んな情報を知っているのにどれも自分には、フィットせず

求めている答えが、見つからなく

満足も無く、何だか辛く・報われない

楽しいようで、楽しくない

そんな自分


いつしかHさんに話している筈が、昔の私に話している感じでした

今、私が出来る事全てしようって思っていました

そう思いつつ・・

ふと自分の手を見ると冷たく震えていました

心の奥では、昔の自分に会う事がとても怖かったんだと気付きました

それでも、私はやはり、いま自分に出来る事をやり遂げたいと思いました


周りに目をやると・・お客さんは、一人も居なく

周りのブースの方達は、片づけを始めていましたが

「もう少し伝えたい」と思い

話を続けました

話が、終わりに近づくにつれHさんの顔が、少し明るくなり良かったなと思いましたし

私も、伝える事は全て伝え満足でした


ふと、ラブアクセサリーに目が行き

二人が帰る時、「Hさんにこれを渡したい」と咄嗟に思い

ラブアクセサリーを一つ掴み

包装して渡しました


受け取った時の彼女の顔は、とてもいい顔をしていて

見ていた私もとても嬉しくて胸が熱くなり

「あたしもやるじゃん」って思いました


私は、Hさんに話をしていたけど・・・

昔の私に、今の私に話していると思いました


その時の自分が、自分が嫌いだから私に

「好きになってよ!」「どんな自分だっていいじゃん!」「ありのままの自分で居たいよ!」って

言いたかったんだと思いました


二人にお別れをし、慌てて片付けをしているとカヨちゃんとのりちゃんとK君が着てくれ

片付けを手伝ってくれました

周りのブースは、ほとんど片づけが終わっていた事もあり

一人でテンぱっていましたが、皆が手伝ってくれたお陰で無事に片付けも終了しました

(面倒な事もやってくれて、感謝です!ありがとう!)


新ワークをこれからやるについての課題も見えて来たし、自信もついたし

それだけじゃなく、今まで気付かなかった

これから進む為に必要な事が沢山見えてきました


例えば、やり遂げる事の大切さや、自分の為に人がどれだけ真剣になってくれているか

自分の心構え次第で、現実は変えて行ける事や、

どんなに嫌いな自分だってそれが居なきゃありのままの自分には、ならない事や

その自分が居たからこそ今の自分が居るって事や

今までしてきた経験無駄じゃなく、ホントに自分がやりたい事をする為に必ず必要な事

ありのままの自分で居たいと思っている自分が居た事

自分を愛していた事

自分と他人のニーズは、必ず深い所で一致する事・・・書ききれない位です


にゃおちゃん!ほんとにありがとう!感謝!感謝!・・・・です

にゃおちゃんに「こんなに素敵なもの作ってるんだから

もっと自分の表現に自身持ちなよ!」って言われたり

ラブアクセサリーの良さを伝えたり、売る為に私以上に考えてくれて

嬉しかったし、沢山沢山ありがとうです!


ホントに沢山の皆さんが支えてくれたお陰で、無事にスピコンも完結する事が出来

感謝してもし切れません

ホントにありがとうございました!


とても長い文章になりましたが、ここまで読んでくれてありがとうございました!

























関連記事
ブログ  2007.09.25

東京スピコン!前編

トラックバック0

今回、「スピコン出展最後」という事で後悔が無いように精一杯出展して来ました

当日の少し前からお話しして行きたいと思います


(大変長くなりますので・・前編と後編に分けました ご了承下さい)


前々日に師匠が、出展する私とカヨちゃんとのりちゃんの為に

スピコン対策とこれからに付いてワークをしてくれました

その中で、沢山の事を学びました


私の最近のテーマは、「やりきる事」で昔を振り返ると

途中で投げ出してしまった事が沢山あり

その度に「私はダメなんだと」自ら烙印を押し続けてきた私

今思うと、置き去りにしてしまった

「自分では、自分の人生を変える事が出来ない、やっても無駄」

「自分ではない、誰かに幸せにしてもらいたい」と言う思い

小さい頃沢山の人に愛されて育って来た思い出と共にこんな思いがありました

それを知ったからこそ!自分で道を切り開いていく事が出来ると思いました


話は、変わりますが・・

ワーク中に師匠はやっぱりすごいな~と思った事が、沢山あります

(沢山ありすぎるので、書ききれません)

例えば、私はスピコンでカウンセリング中心でリーディング・霊視を打ち出して行こうと決めてたんですが‥
「そんな人沢山いるし・・ヒサヨらしさが、余り出てないな」と言われ
確かに、同じ様に打ち出している人は、沢山いるし…

明後日は,もう当日だし‥どうしよう‥なんて思っていると‥


師匠が、何か閃いたように

「お前さん、整体の事勉強した事ある?」から始まり

「無いです」なんてやり取りをしている内に・・


「体の声をリーディングするワークにしてみたら?」と提案を頂きました

「え?」と、その閃きにびっくり!し

師匠スゴイよ!その閃き!と思いました


私で出来るのだろうか?と

不安が過ぎりました

でも、何だかとても腑に落ちる感じがし

心底やってみたい!と思い


師匠を含め3人に練習台になってもらい

いざやってみると・・・なかなか難しいんです

何が難しいと言うと

恥かしさを捨てて、自分を信じる事!


しかし!今は、何でも真剣にやる時と思い

上手くやろうなど微塵も思わず

ただがむしゃらに出来るようになりたいの一心で練習させてもらいました


練習が終わった後、大丈夫かな?と不安もありましたが

何だかとっても出来そうな気がして、満足の行くワークが出来るような気がし帰宅しました


次の日、にゃおちゃんに練習台になってもらい色々なアドバイスをもらいました

アドバイスを聞いている時に感じていた事は、

彼女の私に真剣に向き合い関ってくれている愛

とても嬉しくって感謝しきれない気持ちで一杯になりました

家に帰り明日持っていく荷物を作り

少しアクセサリーを作りました


当日!西葛西で佳代ちゃんと合流し大田区産業プラザへ向かいました

電車の中でずっと「自分らしく、諦めずに今日一日をやり遂げよう」とブツブツ思っていました


今回も同様1ブースの出展にし、半分はワークスペースで残りは、アクセサリーの販売にし

ワークに専念したい理由からにゃおちゃんにお願いしました

にゃおちゃんは、お昼から来てもらえる事になり嬉しかったです


会場に着いて色んな人が沢山いる中圧倒されつつ

ブースをヒサヨワールドにする為

準備開始!


今回は、信州の時にお友達が買って来てくれた

お気に入りの緑のテーブルクロスを使い(ホントありがとうネ♪)

お盆中帰省した際に実家の方で拾って来た

流木をアクセサリー(&大好きなカエル)をディスプレイとして使い

かなり焦りながら・・

看板やらタイムドメインをセットし準備完了!と喜んでいると・・・

もう、オープンしてて・・・自分の周りには、お客さん達がいました


最高超に焦りながらも

気を取り直し、先ずはいつものチラシ配りをしながら

「こんなワークやってますよ~」なんて声を掛けていました

ふと、お向かいのブースの前でチラシを配っている

とってもキュートな女性に声を掛けられ名刺交換をし

その後も事ある毎にお話するようになりました


辺りを観察しながらやっぱり思うのは・・・

自分の思いを表現する方法は、一つじゃないんだな~

色んな方法があるんだな~とまた改めて思いました


そんなこんなする内に一人目のお客様が来ました

師匠とにゃおちゃんに頂いたアドバイスを反芻しながらスタートし

終わる頃には、緊張しながらも不安よりも大きな自信が芽生えていました


自分を信じて体の声を伝え、真剣に思いを伝える事が出来良かったし

それをした事で相手の方も生きる自身になり

更に喜んでもらえ良かったです



*勝手ながら・・・

 とても長い文章になりますので、今回はここまです

 後編は、早急にアップする予定ですので

 暫らくお待ち下さい

 








関連記事
ブログ  2007.09.06

プロフィール

コイケ ヒサヨ

Author:コイケ ヒサヨ
長野県松本市在住
百姓 

自然農法などを応用し、独自の理論に基づいて百姓をしています
昔から作り続けている固定種を始め
珍しい西洋野菜など、食べてみたい野菜を栽培しています

アクセサリーなどの製作&販売もしています
「虹色のたね」
https://nijiironotane111.stores.jp





~掲載物の無断転載
複写・複製及び商用利用は
固くお断りしています~

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

メニュー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

-

手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

RSSリンクの表示