私の家族

私の家族は、妻・ひさよ(31才)夫・ユズル(43才)息子・ケント(13才)

猫リーダー・リッキー(6才)独自路線係・マリー(4才)

七色の声を持つ猫・クー(3才)甘えん坊暴れん坊係・パン(3ヶ月)

そして、金魚です

20071012145217.jpg

謎の生命体でなく・・猫ちぐらでお休み中のマリー



以前からクーが、たまにご飯(ドライフード)でアレルギー反応を起こし吐いていました

そんなに問題にもしていなませんでしたが・・最近よく吐くようになり

以前は、吐かなかったご飯でも吐くようになりました


うちの猫の中で一番体格が良く、元気なクーが苦しそうにしているのを見ると

私も同じように苦しくなり


どの、食物で反応するのか調べても

色んな食材を使ってある為

全く共通項が、得られず


イロイロネットで調べたところ・・手作りでご飯が作れる事が判明

それだけじゃ、何だか分かんないのに手作りで作れる事が、分かっただけで

「なんとかなった~」と、とっても安心しました


人とは、やっぱり微妙に違うと思いレシピ付きの

須崎恭彦さんの著書で「猫の手づくりごはん」という本を購入!


今日到着し、パラッと数ページ読んでみたら

ビックリしました!

著者の父親の経験により

犬や猫が、本当に元気になる食事等を編み出したんです


動物も人も同じ動物と思っていたわりには

猫には、猫用の既成品のご飯でないと元気に過ごせないと

ここにも思い込みがあった様に感じました


今日まで、愛情を注いで来たつもりだったけど・・

結局つもりだっただけでした


やっぱり、人間の家族の様にご飯まで作りたいと思う自分

もっと愛情を振りまきたい自分が、居たんだなって思いました


20070920103232.jpg

うちに来て2ヶ月経ちすっかり慣れてリラックスのパン

(やや人間だと勘違いも入りつつある)

あわせて読みたい
関連記事