消えた

トラックバック0
ただいま、がっかり中。。
さっきまで、書いていた記事を消してしまいました
あぁーあ
なんてこったい

がっかりだ〜

直販所に出荷する事から
昨日の続きで
繋がりやシンクロニシティーを信じられない自分に気が付き
先ずの目的が何かと、最悪を知り
また、少し覚悟が出来て

そしたら、現実の中では
多々、誰でもシンクロニシティーが起きている事に気が付いて
例えば、買い物で何かを買い求める時
見た目と言うか。。同じものから選ぶ場合なんて特に
それが放っているオーラ(波動)みたいなもんに惹かれて選んでいると思う
その波動を感じる事を望んでて、引き寄せる(出会う、買う)んだと思った
セレクトショップでのよくある、偶然の出会いも同じ

ホントに深いところで繋がっているんだと
現実的に繋がったんですが・・

相当、怖くなったんですね私
そんな事認めたくないのですね。。
そう言えば。。誰が書いていたんだ?
(めちゃくちゃいい文章だっただけに。。悔しい)








関連記事
百姓  2017.06.24

山椒先輩

トラックバック0
20170623000234468.jpg 明日の出荷の準備は、もうちょっと
以前にバイトしてた雑貨屋さんでの経験が活きています


昨日の恵みの雨で土いじりは、お休みして
後回しにしてた、トマトの支柱を竹で作ったり
芽出し中の奴らの観察したりとか
(あっそれは、いつもか。。)
いつもとは、ちょっと違う時間を過ごしていました

山椒の実を収穫するのをすっかり忘れていたので
収穫していて
ふと、大切な実をこんなに取られて
やだなぁとか、人って敵とか思うんかな?
それとも。。沢山付き過ぎだから、採ってくれて嬉しいのかな?
などと、思っていたら

痛っ!
山椒のトゲが、膝に刺さり
(山椒の枝には、鋭いトゲが付いてる)
痛い所をさすって
ふと上を見上げると、取りこぼしを見つけ収穫し

また、独り言が始まり。。
こいつの方が先にここいるんだよなぁ
いつからいるんだろ?
いつからにせよ、私より先輩なんだな
山椒先輩だなって思っていると。。

またもや、痛っ!
(今度は、腿の辺り)
痛い所をさすって、上を見ると
あっ、また取りこぼし見つけっ

なんだか。。
山椒が自ら、取りこぼしを示唆しているように思えました
(先輩、太っ腹!)

大体、奴らはものを言わないのだから
こう思ってるは、私の発想
全ては、人のせいで敵になっている・・
こんなところでもか。。って、げんなり思いました
















関連記事
百姓  2017.06.23

カーボロネロ

トラックバック0
カーボロネロを収穫していて
(トカスカーナ地方の伝統野菜、非結球キャベツ
日本では、黒キャベツと呼ばれている
そして、美味しい!)

久しぶりの雨でグンと大きくなり驚きつつ
それぞれぞれの株から、葉を採取していると

虫食いが少ない株と多い株が、ある事に気が付きました
あれ?何で?
それぞれの株を比較してみると
収穫し続けた株には、虫食いが少なく
あまり収穫してない株には、虫食いが多い
お?。。。

どこかの自然農のブログで見た
野菜を鍛えると言う言葉を思い出しました

栽培していて、漠然とだけど
野菜って、草より弱いのでは?って感じていて
そのブログに野草から分化し野菜として育てられた歴史を見た時に
やはりそうなんだと思った事がありました

種的な強さもあるし
土地との相性や土の質、その土地にどれだけ適応しているかなどなど。。
様々な作用は、あるけれど
葉を失う度にまた、葉を出すを繰り返し
その過程の中で、免疫力もアップして行ったのではないかと思いました

(私の中では、大発見で
この発見が、こいつに限る事なのか?
葉を収穫する野菜全般に共通する事なのか?
今後の観察が、楽しみです)

野菜が、どう思っているのか分からないけど。。
そうやって、鍛えられた種は生命力もきっと強くなっているので
最終目的の種の存続をしっかりと果たす事が出来
喜んでくれるのでは?って、自分勝手に思っております
(もちろん、種を取る気満々です)

私は私で、収穫と言う恩恵を受け
失敗から学んだりこんな発見をし

これって、win-winな関係じゃないかって思いました










関連記事
百姓  2017.06.22

大豆よ

トラックバック0
やる事なす事、うまいこと行かず
絶望感を感じ、何も手に付かない感じになり
畑でやる事は、沢山あるのに。。困ったなと思いました

休む事もアリだと思ったけど
今日は、した方がいいって思えて

不思議と種まきとか気分が盛り上がりそうな事以外なら
出来そうな気がし、畝の草刈りをすることにしました

とにかく、先ずは丁寧に草を刈る事を意識して刈っていると
今まで草刈りしてて見たことのない植物の双葉を一つ刈っていて
あれ?これなんだ?って、じーっと見ていると。。
ぎゃー!大豆の双葉、刈ってるじゃん!
やっと、我に帰りました

本当に飲まれやすいなと凹みつつ、再び丁寧に草刈りを再開
草に価値を感じていない、自分もいると思ったし
絶望感って、すごく馴染みの感覚で意外に悪くない感じだと思ったら

未だに気分がいい事、うまくことが運ぶ事が
いい事と判断していると気が付き

なんでなのか?未だに解らない所があるけど
それを感じながらしている草刈りが
不思議な穏やかで豊かな時間でした
こんな幸せな時間をこれからも過ごしたいと思いました

大豆よ、ありがとう
(根切っちゃたけど。。生えてな)









関連記事
百姓  2017.06.21

小松菜

トラックバック0
20170619221956b6d.jpg 
こうして写真にしてみると、思っていたより虫食いが少ないかな。。


まだいいかな、まだ大丈夫かな?って
思っていて、気がついたら。。
想像以上の虫食い&まさかのとう立ち(花が咲いた)
しっかり小松菜の味がして、美味しかったけど
大失敗。。
(実は、失敗続きなのです)

原因が、解らず調べまくって出てきたのは。。
間引きも甘かったらしく、込み合いすぎて
一つ一つの株が小さい
葉を食べる虫には、個室で食事するような最高の環境を与えていた
土の具合もあるし、虫が付きやすい時期とかもある
品種も関係する。。

視野を広く持って考えないとって思った
これも全体感とかバランス感覚が、要求されているのかも。。

漠然と小松菜食べたいだけでは、どうも違うのだな

他の事でも凹んでいるのに、さらに凹む
凹むだけ凹んだら、なんか思いつくかな。。









関連記事
百姓  2017.06.19

プロフィール

コイケ ヒサヨ

Author:コイケ ヒサヨ
長野県松本市在住
造形作家 

お気に入りのカメラと
愛しいオールドレンズで
作品や様々なものを撮りつつ

アクセサリーなどの製作&販売をしています
「虹色のたね」
http://nijiiro3.net/





~掲載物の無断転載
複写・複製及び商用利用は
固くお断りしています~

最近の記事

カテゴリー

最新コメント

メニュー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

-

手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

月別アーカイブ

RSSリンクの表示