追肥

トラックバック0
今日は、写真撮るの忘れてましたー (テヘッ←昭和な香り)

それは、置いといて
今日は、気がかりだった色んな作業がじっくり出来て
大満足な日でした

その中でも定植したナスやピーマン供がだいぶ大きくなり
1番花も付き始めたので
定着するまでの寒さ対策の袋を取り、追肥を今年はするかどうか悩みました

うちの畑は、一昨年まで父が慣行農法でやっていて
去年一部を借りて自然農を始め、今年から2反歩を借りています
(2反歩借りた経緯もちょっと面白い話ですが。。また、機会があれば)

去年に比べ、少し土が良くなって来ている感じはしていますが
知識や経験はすくないけど、草の種類や生え方を見ていると
まだ、活発に微生物が活動している感じがしないので
植物と収穫の事を思い、即効性のあるぼかしのみを考えていましたが
(調べてみるとどうもぼかしだけでは、微生物は増えないみたい。。)
別の側面では、来年以降の土の事を思い
土に入れるなら微生物の餌になるものを、時間はかかるけど
いずれ分解されて、植物の養分になるわけだし。。なんて思っている自分がいて
(また別の側面では、ちょいちょい追肥するなんて、めんどいって思ってたりしてて。。)

ナスの前で考え込んでいました

どっち?って、思っているから苦しいんだと思い
今の現状を踏まえた上でどっちも叶う方法はないだろうかと検討の末
即効性がなくなった後も緩やかに微生物に分解されて栄養になって行く様にと
ぼかしと籾殻を1対5位の割合で混ぜて、追肥する事にしました
(これからどうなるのか、楽しみです)

ハッとしました
どっち?って、思うのは悪いことではないけれど。。
2極論でものを考えていて、それってどちらかを否定しているんだと思いました

そしたら、突然自分の中で
何か、新しい事をする時に急に切り替えて、大変な目に合う事がしばしばで
なんで緩やかに行かないのかな?って、思っていた事が腑に落ちて

私は、ずっと等身大の自分を良い悪いで判断していたんだと思いました
等身大の自分が、分かれば
色んなニーズから、総合的に最善の選択肢が生まれるんだと知りました









百姓  2017.06.12
= コメント = = Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url » http://nijiironotane.blog110.fc2.com/tb.php/1240-35449f9e

プロフィール

コイケ ヒサヨ

Author:コイケ ヒサヨ
長野県松本市在住
百姓 

自然農法などを応用し、独自の理論に基づいて百姓をしています
昔から作り続けている固定種を始め
珍しい西洋野菜など、食べてみたい野菜を栽培しています

アクセサリーなどの製作&販売もしています
「虹色のたね」
https://nijiironotane111.stores.jp





~掲載物の無断転載
複写・複製及び商用利用は
固くお断りしています~

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

メニュー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

-

手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

RSSリンクの表示