インゲンの収穫

201707082129462c5.jpg 
野菜の定期便4種。。なんちって 笑)
去年遅くに播いて失敗し、今年リベンジ成功
野菜と私の共同作業の賜物だと思った



ただいま、調整中らしく気持ち悪いです

夕方、草刈りが終わったところに大豆を播いていて
遠くからゴロゴロと言い出し、急に涼しい風も流れ始めて
これは来るなって、思っていたら
邪魔されたと天気に文句を言う自分
これは、何か意味があるはずと思い

取り急ぎ、キリのいい所まで播いて
今日の食材の収穫と他の野菜どもの様子を見ていたら。。
インゲン。。もう、収穫できる。。どうしよ

もう、いつ降り出してもおかしくない空で
いつも持って来ているビクには、タネも入っていて
タネだけは、濡らしたくないと焦り始め

でも、焦ってパニックになっていると分かったら
さて、どれから先にやるかと順番を決め
1番に気がかりのビクを家に持って行き、インゲンの収穫をしました

前回は、収穫にまで至らずに凍みてしまったので
どうゆうふうに鞘が付くのかなど。。を知り勉強になりました

ビニール袋に入りきらないくらいの収穫になり
ほくそ笑みつつ、蔓なしは寿命が短いと聞いていたけれど
本当に短いのだと実感し、寂しさも感じました

最後に今日の食材を収穫していたら、夕立がついに来て
急いで帰宅しました

帰宅し、今日の収穫の仕分けをしていると
また、慌て始め。。おいおい、またか!って思いましたが
一つ一つこなして行くと
心の奥で出来ない〜!って叫んでいる事に気が付いて
あっ!だから、焦ってパニックになるんだと思いました
それならと、さらに丁寧に作業を続け。。
予定より10分オーバーで完了し、なんだ。。って思いました

まだ、断片的にだと思いますが
主張している自分の痛みまで理解してなかったと思いました








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する