枝豆

トラックバック0
20170804215757993.jpg
枝豆の先陣を切ってくれた畝の収穫が、終わりました
実は、あんまり美味しい種じゃないのですが
猫も定期で食べた方々も美味しい!って、言ってもらえ
こっそりガッツポーズです
また、来週くらいから次の畝の収穫が始まるかな?



食べ頃を迎えた枝豆の畝のほとんどの鞘が、食べ頃になり収穫していて
この草ぼうぼうで日照時間も少ないような過酷な環境で
よくぞここまで実を付けてくれたと感謝し

何度食べても美味しいので
逆にこの環境が、良かったのでは?って、思いました

そう言えば。。
一株だけで育てるより、二株で育てた方が成長を競い合い収穫量が増えると
何かの折に知り、え〜!播いちゃったよ〜って思った事を思い出しました

今年初めて育てたのでなんとも言えませんが
枝豆を見ていて、そうとも限らないかもしれないと思いました
否定的に捉えれば、さっきのように見えるし
肯定的に捉えれば、お互い助け合って成長したとも見えると思い

これは、人にも当てはまるなと思いました
エゴで競い合って優越感に浸るか
愛で助け合って共に良くなって行くか。。

。。そんな事を思っていたら
この世のシステムの事に考えが及び、よく考えて作られているんだなとある意味感心し
だから、学歴社会なのか?とも思い。。
そしたら、これからの環境に考えが及び
いつしか、地球にはほとんど人が住めなくなる様に思え
感覚的にですが。。
分離の世界というのは、師匠の言う様に
ホントにどんどん分離して小さくなって行くもんなんだと。。なんだか思いました

こんな事を思うって事は。。この先は、どっちに行くの?って
自分に問われているのかもしれません


大いなる豆と書いて、大豆
その未熟豆の枝豆。。やるな






百姓  2017.08.04
= コメント = = Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url » http://nijiironotane.blog110.fc2.com/tb.php/1297-15fd078a

プロフィール

コイケ ヒサヨ

Author:コイケ ヒサヨ
長野県松本市在住
百姓 

自然農法などを応用し、独自の理論に基づいて百姓をしています
昔から作り続けている固定種を始め
珍しい西洋野菜など、食べてみたい野菜を栽培しています

アクセサリーなどの製作&販売もしています
「虹色のたね」
https://nijiironotane111.stores.jp





~掲載物の無断転載
複写・複製及び商用利用は
固くお断りしています~

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

メニュー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

-

手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

RSSリンクの表示