ヒサヨのきゅうり

去年のきゅうりよりワイルドに見えるのは気のせいだろうか。。?
待ちに待ったささげ初収穫は、嬉しかった



実は。。ちょっと前から自家採種したきゅうりが何か。。
去年と違うような。。同じような。。って、思っていて
生り始めだから?って、思っていましたが。。

収穫すればするほど。。同じ種のはずのなのに
親に似ているのもあればそうでないのもあって
それぞれ個性的な感じのきゅうりになってきました

もしや。。って思い、きゅうりの自家採種について調べると
受粉の性質上、交雑し易いと分かり
去年、2つの固定種を並べて栽培した為に交雑していました

それぞれの固定種として、販売しようと思っていたので
これは困ったと、しばらく頭を抱えていましたが。。

ある日ふと、きゅうりを食べていたら。。
これ美味しいから、どの種とかって別にいいじゃんって思いました

あっ!そうだね、逆にオリジナルのきゅうりって思い白いかも!って
思って楽になったけど。。
でも、どこかまだ引っかかっていて

恥ずかしい話ですが。。慣行農法やっている人とある意味張り合っていて
外の評価を得る為に外に出回っている固定種でなければって、こだわっていました

引っ掛かりが分かったら、できるか分からないけど。。
ヒサヨのきゅうりって面白いかもと、ちょっとした野望が出来ました
(それも毎年味が違うとか。。笑)


否定的な事(否定的に捉えた事)は、肯定的な意味があると言う事を
体で学んでいるような感じがしました






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する