いただきます

E-PL5 + Makro-Kilar 40mm F2.8 Type-D





小さい自分と、何だか一緒になってぼわぁ~んとしていました
どうしていいか分からないって、途方に暮れていたけど・・
奥では、単純に
私には出来ないって思っていました

そしたら、手探りしながら一緒にいれそうな感じになって来た時

ふと、お肉が食べたいって言ってるような気がして
今日は、タイミング良く一人で夕ご飯だったので
がっつり牛のステーキを食べました

そう言えば・・好んで牛肉って選ばないなぁっどうしてだっけ?って思ったら
すっかり忘れていたけれど
おじいちゃんが畜産(肉牛専門)をやってて、私は子牛の世話を手伝っていました
食べている最中に思い出して、子牛のお顔がよぎり
一瞬、手が止まりましたが・・ここでかわいそうだからと食べないのは、何だか失礼で
(自ら頼んだし・・)
私的にこの肉になった牛に対して、存在を冒涜しているような気すらしました

そんな事を思ったら、情的な気持ちもありつつも
さっき以上にしっかり味わって食べていると、もっと美味しくなって

命をありがとうって
愛をベースにした循環みたいなものと思った事もないほどの感謝と

楽しい思い出も一緒に味わっているような気がしました

糖質制限を始めて、感覚的に食事が豊かになった様に感じていましたが
更に鮮やかになったように思えました


ごちそうさまでした♪







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する