交渉

LEITZ-MINOLTA CL+ M-Rokkor 28mm/F2.8





この前家が、崩れそうでヤバイって話をしましたが・・
その後に息子の新居の事で
旦那が代表をして、ルームシェアをする相手の親御さんと話しをした時に
当初の話が、最終的に全く違う条件になり
渋々、条件を飲んできたと報告をもらい

旦那と二人ですごく嫌~な気持になりました

何か納得できなくて、相手が悪いと思いましたが・・
ホントにそうだろうか?って思うと
そうなってもおかしくないようなところ
(確認もせずにいた所が、とてもたくさんありました)
地元に残るか神奈川へ行くかで頭いっぱいで不注意だったと思い
今度から気を付けようって話していました

息子の引越しが終わり、やっと家について話していると
自分の中で決着したはずのルームシェアの件を思い出して
何か取りこぼしている様な感じがしました
もう一度、整理していると
ホントは、自分達の希望を言っても良かったんじゃないかって思いました

そして、私が旦那の立場でも同じように動く様に思えて
嫌われる事やはみ出すことを恐れ、意思があるようで無くて
身に覚えた常識みたいなものが、正しいと決め付けその通りに動くと思いました

これは今の家の事にも繋がると思いました

そして、改めてお互いの希望を話し合い、それを大家さん(義母)に話し
そこから、お互いに嬉しい線を探して行けばいいと思いました

ただいま、交渉中です
どうなるかは、まだわかりませんが

お互いが嬉しくなるように模索して行きたいなと思いました

交渉って、誰から搾取するようなイメージがありましたが
バシャールの言うように、本当はお互いが良くなるためのもので
真剣だけど何か面白くてクリエイティブだなと思いました





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する