ある風景にて

Carl Zeiss Jena Biotar 58mm F2





懐かしい感じがする細い道

ココを通り過ぎたら、広い海に出るって・・いつも心の奥で思います

これって、自分は忘れているけどホントは自分は知っているって事だったんだね

仲間に追いつこうと息を切らして急ぐ自分も、ちょっと先を行く仲間を愛おしそうに見る自分も全てを忘れた自分も・・・
何だか全てが愛おしく感じる






コメント

Re: タイトルなし

ひろこ

そう思ってくれて、うれしいよ♪

> ワクワクする先へ向かう時・・
そうなんだ!
確かに・・作りかけの作品も改装途中の家も多肉用の土さえもニンマリして見てる
なるほど!
こちらこそ、理解が深まったよ

ありがとう♪

2015/06/18 (Thu) 03:13 | シマダ ヒサヨ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

NORI

うん、ありがとう♪

そうだったんだ~
そんなあたたかい気持ちで待っていてくれてたんだね
あったかくて、ますます愛おしい時間になったよ

伝えてくれてありがとう♪


2015/06/18 (Thu) 02:57 | シマダ ヒサヨ #- | URL | 編集

ここを出たら海 って感じすごくわかる
海に続く道って ワクワクするよね なるほどな その感覚を知っていたってことかなぁ
ワクワクする先へ向かう時 全てが愛おしく感じるのも わかるなぁ 
思い出させてくれてありがとう

2015/06/17 (Wed) 11:06 | ひろこ #- | URL | 編集

これあの坂道だね^^
この写真を撮ろうと坂の下にいたヒサヨ そのヒサヨを待って坂の上で立ち話してた私達
取り終えて坂を上ってきたヒサヨを 良いの撮れたかな?って気持ちで迎えて…
写真も文章も 記憶も うん 愛おしいね~^^

2015/06/16 (Tue) 21:26 | NORI #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する